子育てママの暮らしにほんの少し「役立ち情報」をプラス♪

「無添加さらさ」では赤ちゃんの湿疹がよくならないかも。その理由を解説します。

子育てのこと

こんにちは。隣のパパです


無添加さらさを使ってみたけど湿疹がひどくなってる!?無添加って肌にいいんじゃなかったの?


こんな疑問にお答えします。

この記事でわかること
  • 無添加さらさについて【結論
  • 無添加さらさの特徴
  • 無添加なのに何が不安?
  • 肌の弱い息子が安心して使えた洗剤

無添加さらさについて【結論】

結論
  • 赤ちゃんがいるご家庭での使用は避けるべき
おすすめできない理由
  • 不安の残る界面活性剤が使われている
    (ポリオキシエチレンアルキルエーテル(AE)や直鎖アルキルベンゼンスルフォン酸ナトリウム(LAS)を使用している)
  • 香料の成分が多く使用されている

成分によっては肌のトラブルも起こしかねない香料。成分がP&G公式サイトに公開されたようなのでこちらに引用しておきますね。

出典:P&G公式サイト

香料だけでこれだけの成分が使われていたのはびっくりします。ただ国が定めた表示義務では香料の記載は義務ではありません。

あくまで需要と供給のバランスですね。価格も安くよく落ちていい香り。子供がいない1人暮らしなど成分なんて気にしないという方には売れ行きが良いのかもしれません。

無添加さらさ の特徴

無添加さらさ
  • 厳選された植物由来の成分配合
  • しっかり汚れを落として本来の白さへ
  • 蛍光剤・着色料が無添加

上記は公式サイトに書いてある無添加さらさのポイントです。これだけ見るとパッケージもかわいいし、なんの問題もなさそうなのですが・・・

無添加なのに何が不安?

無添加の定義は?
  • 使用成分のうち無添加のものが1つでもあれば無添加表記もできてしまう

例えば無添加さらさの場合は、着色料が無添加。冒頭にふれたポリオキシエチレンアルキルエーテル(AE)や直鎖アルキルベンゼンスルフォン酸ナトリウム(LAS)が使用されていたとしても無添加表示が可能なのです

注目すべき成分は?

ポリオキシエチレンアルキルエーテル(AE)
第3者委員会の見解
  • 研究の結果、水生生物には悪影響があることがわかっている
  • 人間に対しての悪影響も完全にリスクがないとはいえない

AE配合の洗剤を使った洋服をタンスにしまい込んでいる間に酸化し、ホルムアルデヒドを生成する可能性も叫ばれている。安心・安全を考えると少なくとも肌の弱い赤ちゃんには使用を避けるべきかなと思います。

出典(化学物質の初期リスク評価書)より

直鎖アルキルベンゼンスルフォン酸ナトリウム(LAS)
第3者委員会の見解
  • 生態毒性に問題があるとされている成分

業務用の洗剤などに使用されている洗浄力の強い洗浄成分。肌の弱い赤ちゃんには刺激が強すぎるので購入する前には必ずチェックしましょう。

出典(直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩)より

代表的な合成界面活性剤

表示成分作 用
パラベン有効期間を長くするための防腐剤
着色料見た目を良くするための化学物質
サリチル酸皮膚から吸収され、発疹が出るとされている防腐剤
安息香酸(あんそくこうさん)皮膚や粘膜に刺激性がある防腐剤
ジブチルヒドロキシトルエン発ガン性、皮膚炎を起こすとされる有機溶剤
トリエタノールアミン皮膚炎を有する場合、皮膚感作を誘発する可能性がある
ラウリル硫酸塩毒性がある陰イオン系界面活性剤
エデト酸塩摂取でカリウム欠乏を起こす可能性がある
塩化ステアリルトリメチルアンモニウム消毒作用のある陽イオン系界面活性剤

肌の弱い息子が安心して使えた洗剤

無添加さらさは怖くて使えないのですが、子供がいる我が家でも安心して使えた洗剤1つだけご紹介。

安心の洗濯洗剤は
  • ミヨシのそよ風

まとめ

今回のまとめ
  • 無添加さらさは限定的な「無添加」
  • 安心できない成分AE・LASなども配合されている

いかがでしたか。安心・安全を第一に考えるなら配合成分もしっかりと見てあげる必要がありますね。かわいい赤ちゃんが少しでもつるつるお肌になれるよう祈っております。

コメント