【徹底比較】マリオットボンヴォイプレミアムとアメックスゴールド・プリファードはどっちがお得?入会キャンペーンまとめ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

マリオットボンヴォイプレミアムアメックスプリファードが気になってるけど、ぶっちゃけどっちがいいの?

どちらのカードも年会費は3万円超えと高額。ですが年会費を超えるメリットがあることも確かです。

トナ

それでもカードを徹底比較してみると、そのメリットの向き不向きもはっきりと見えてきました

新たにカードを作る以上、年会費を超えるメリットは絶対ですよね。

そのメリットが本当にあなたが望むものなのか、本記事でしっかり確認していきましょう。じっくり読み込めば、失敗は避けられるはずです。

はじめに2つのカードの強みから。

マリオットボンヴォイプレミアムカードの強み

  • 毎年高級ホテルに無料宿泊ができる
  • 国内外のホテルでVIP待遇を受けられる
  • ポイントが1.25%と高還元率
  • 期間限定最大45,000ポイントで入会特典大幅UP!

マリオットボンヴォイプレミアムカードは150万円利用で対象となる無料宿泊特典に加え、マイルへのポイント還元が1.25%と優秀。つまり「旅行好き」におすすめのカード。

  • デメリットは:ゴールドカードの中では年会費が49,500円と最も高額

年会費が23,100円とプレミアムより安い「通常のマリオットボンヴォイカード」は無料宿泊特典の利用条件や、還元率が悪すぎるので、比較対象にいれなくてもよいですね😅

アメックスゴールド・プリファードの強み

  • 毎年高級ホテルに無料宿泊ができる(実績値最大12万円)
  • プライオリティパスでVIPラウンジ利用の特典(最大約6万円分)
  • ラグジュアリーホテルのコース料理が1名分無料(最大約3万円分)
  • 期間限定最大130,000ポイントで入会特典大幅UP!

アメックスゴールド・プリファードカードは200万円利用で対象となる無料宿泊特典に加え、プラチナカード級のサービスが付帯。旅行ではなく「ステータス」を重視する人におすすめのカード。

  • デメリットは:ANAマイルに交換するには+5,500円の年会費がかかる
トナ

ここで最新の入会キャンペーンもチェックしておきましょう!

\最新の入会キャンペーンはこちら

スクロールできます
券面/ブランド公式からの入会特典(最大)最新入会特典(最大)

マリオットボンヴォイプレミアム
39,000P45,000P
公式より+6,000P

ゴールド・プリファード
120,000P130,000P
公式より+10,000P
  • MEMO

カードの中身はすでに知ってるから早く「紹介」だけお願い!という方はこちらからメールアドレス等を入力して送信してください。すぐに入会フォームをお送りします✨

目次

【徹底比較】マリオットボンヴォイプレミアムとアメックスゴールド・プリファードはどっちがお得なの?

スクロールできます
券面/ブランド年会費家族カード特徴入会特典
(最大)
還元率
(特約店最大)
還元率
(一般加盟店)

マリオットボンヴォイプレミアム
49,500円無料
1枚
年間150万円以上利用すると、
カード継続時に無料宿泊券プレゼント
45,000
マイル相当
1.25%

ゴールド・プリファード
39,600円無料
2枚
年間200万円以上利用すると、
カード継続時に国内対象ホテルの無料宿泊券プレゼント
130,000
マイル相当
0.5〜1%

冒頭ざっくりと2つのカードの特徴を見てきましたが、結論からお伝えすると、

お得なカードは「アメックスゴールド・プリファードカード」といえます。

  • その理由は3つ
  • 両カード最大の特徴は「無料宿泊特典」ですが、年会費165,000円(税込)のプラチナカードにも付いている「フリー・ステイ・ギフト」が利用できます。12万円越えの高級ホテルに2名1泊無料招待。それだけで元を取れるにも関わらず、ボンヴォイカードより1万円も安い年会費なのです
  • 旅行好きの方がマリオットボンヴォイに惹かれるかもですが、本当に旅行好きならANAアメックスゴールドカードが費用対効果で優秀です
  • 入会特典の差が3倍。ゴールドプリファードの入会特典差額分をボンヴォイカードで貯めるためには、約700万円近い利用が必要
トナ

700万円の利用に数年かかる方なら、ゴールド・プリファードANAアメックスゴールドで悩むべきかもしれません。

2024年2月にアメックスゴールド・プリファードカードが登場するまでは、宿泊無料特典の付いたマリオットボンヴォイも十分選択肢にはいりましたが、正直現在はその魅力が薄れてしまいました。

ということで、ANAアメックスゴールドカードの特徴もあわせて確認しておきましょう。

ANAアメックスゴールドを含めた比較表です

スクロールできます
券面/ブランド年会費家族カード入会特典
(最大)
還元率
(特約店最大)
還元率
(一般加盟店)

ANAアメックス
ゴールド
34,100円15,500円75,000
マイル相当
3.0%1.3%
スカイマイル含

マリオットプレミアム
49,500円無料45,000
マイル相当
1.25%

ゴールド・プリファード
39,600円無料130,000
マイル相当
0.5〜1%

3つのカードの中で、ANAアメックスゴールドカードは年会費・還元率ともにNO,1です。プリファードカード同様に入会特典も10万マイル超え。

じゃ、ANAアメックスゴールドカードが一番お得ってこと?

トナ

実はそうとは言えないんだ💦

ANAアメックスゴールドカードは確かに優秀かもしれません。しかし、そのメリットを最大限に享受できるのは、「旅行好き」のみ。

あくまで「マイルが効率よく貯められるカード」であって、「飛行機で好きな場所に無料で旅行ができること」にメリットを感じないのであれば、おすすめはできません。

つまり、年に1度の「高級ホテル」ペア無料招待だったり、レストランのコース1名分無料で楽しんだりとプラチナカード級のステータスを望むなら迷わずゴールド・プリファードカードを選ぶべきです。

とはいえ、実際のところ細部への評価はひとそれぞれですよね。

ここからは、それぞれのカードの基本スペックと魅力をさらに掘り下げて見ていきましょう。

アメックスゴールド・プリファードを持つとどうなる?基本スペックと魅力

基本スペック

スクロールできます
 国際ブランドアメックス
年会費(税込)3万9600円
入会特典最大130,000ポイント
還元率0.5%〜1%(ANAマイルに交換するには+5,500円の年会費が必要)
家族カード2枚まで無料
カードの素材メタル
空港ラウンジ国内28空港
(カード会員のみ)
国内28空港
(カード会員 +同伴者1名
海外プライオリティ・パス
(スタンダード会員資格。家族カードにも付帯され、
年2回は利用料が無料、3回目以降は35米ドル。通常年会費99米ドル)
旅行保険最高5000万円
(利用付帯)
最高5000万円
(利用付帯、家族特約つき
海外最高1億円(利用付帯、家族特約つき
ショッピング保険年間最高500万円(90日以間)
ホテル特典「フリー・ステイ・ギフト」
(年間200万円(税込)以上を利用してカードを継続保有すると、マリオットやハイアットなどの国内40カ所以上の対象ホテルに1泊2名まで無料で宿泊可能
「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン トラベルクレジット」
(カードを継続保有すると「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」の国内対象ホテルで1回2万円以上の宿泊予約時に使える1万円分のクーポンがもらえる)
レストラン特典「ゴールド・ダイニング
by 招待日和」

(国内外にある約250店のレストランを2名以上で予約して、指定のコース料理を食べると、1名分のコース料理が無料に。通常年会費3万3000円(税込))
ショッピング特典・対象のホテルダイニング 20%オフ
・スターバックスオンライン入金 20%オフ
・キャンセルプロテクション
・スマートフォン・プロテクション
・ショッピング・プロテクション
・リターン・プロテクション
・オンラインプロテクション
空港手荷物
無料宅配サービス
あり
(成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港第3ターミナルの4空港で、往復1個ずつ)
航空便
遅延費用補償
あり
(乗継遅延費用、受託手荷物遅延、搭乗不能費用など最高4万円)
デメリット・貯まったポイントをマイルへ交換するには別途有料コースへの登録が必要
・年間のマイル交換には上限があり4万マイルまでしか交換できない
トナ

マイルには向いてなさそうだけど、その他の特典がスゴい!

アメックスゴールド・プリファードを持つとどうなる?

プラチナカード級の豪華特典

  • 毎年更新時に高級ホテルの無料宿泊特典と1万円分のトラベルクレジット
  • 無料宿泊特典とトラベルクレジットを使って、2泊の旅行がお得に楽しめます

一般的なゴールドカードにはない一番の違いはこれ。年間200万円の決済をして継続保有すると、国内40カ所以上の対象ホテルに1泊2名まで無料で宿泊できる特典「フリー・ステイ・ギフト」に加え、さらにホテルで使えるトラベルクレジット1万円分が付与されます。

トナ

これだけでも年会費のおよそ3倍以上の価値に!

プラチナカード級の豪華特典(プライオリティ・パス付帯)

  • 通常99$(円換算で約14,850円)の「プライオリティ・パス」のスタンダード会員資格が付帯
  • プライオリティ・パス ラウンジ:年2回まで無料
    • 通常1回35米ドル(約5250円)
    • 年2回利用で約1万500円会費分と合わせると25,350円相当お得に!
  • 家族カード:最大2枚無料
    • さらに家族2人まで無料でカードを発行できるので、利用すれば年会費7万6050円相当お得!

レストランでの豪華特典

  • ゴールド・ダイニング by 招待日和: 2名以上の予約で1名分無料(約3万円)
  • ポケットコンシェルジュ:厳選レストラン予約で20%キャッシュバック(年間最大1万円)
  • スターバックスカードオンライン入金: 20%キャッシュバック(年間最大5000円)
  • 「ゴールド・ワインクラブ」: 入手困難なワイン特別提供

「ゴールド・ダイニング by 招待日和」の特典が特にすごい!
選び抜かれた国内外にある約250店の高級レストランを2名以上で予約し、所定のコース料理の1名分のコース料理代金が全額無料になるという特典。高いものでは1名分3万円をこえるものも!

トナ

この「ゴールド・ダイニング by 招待日和」を年2回ほど利用するだけでも、ゆうに年会費を超えるメリットに!

「アメックスゴールド・プリファードカード」をおすすめできる人・できない人

おすすめできる人

  • マイルにそれほど興味がないけど、合理的に最強のゴールドカードが欲しい方

マイルへの還元率は正直、他のカードと比べると見劣りしてしまうかもしれません。
でも、それ以上に魅力的なのが、ゴールドカードならではの「ステータス」と「コスパ」の高さ。3万円台の年会費で、これほど多くの特典を享受できるカードは、他に類を見ません。

  • 年200万円以上の利用ができる方

年200万円の決済で、年会費165,000円(税込)のプラチナカードにも付帯している「フリー・ステイ・ギフト」が利用できます。毎年高級ホテルに2名1泊無料招待。

アメックスゴールドプリファードカードで2024年度フリー・ステイ・ギフト対象ホテルのリストは「フリー・ステイ・ギフト対象ホテル一覧2024」でご確認ください

  • 納得の入会キャンペーンを探している方

アメックスゴールドプリファードカードを作ると、入会特典として最大120,000ポイント獲得可能

トナ

紹介入会キャンペーンを利用すれば、さらに10,000ポイント追加。最大13,000ポイント獲得可能になります。詳しくはこちら

おすすめできない人

  • レストラン・旅行特典やステータスに興味がない・使わない方

年会費は39600円と高額ですが、その元を超えるほどのメリットを享受できるのは特典利用とそのステータスがあるからこそ。

  • メタルカードを持ちたくない方

アメックスゴールドプリファードカードは、「メタルカード」のみです。高級感ただようカードであまり目立ちたくないという人にはむかないかもしれません。

アメックスゴールド・プリファードの入会キャンペーン

\アメックスゴールド・プリファード最強キャンペーン/

  • アメックス紹介入会キャンペーン(最大130,000P)
トナ

当サイト限定で入会ポイントUP! 今なら公式サイトに比べて10,000P多く獲得できます!

期間限定で獲得ポイントアップ中/

>>アメックスお申し込みフォームはこちら

お問い合わせ後は分以内にお申し込みメールをお送りさせていただきます。

※不具合で届かない場合は遠慮なくこちらにお問い合わせくださいませ。

マリオットボンヴォイカードを持つとどうなる?基本スペックと魅力

基本スペック

 国際ブランドアメックス
年会費(税込)4万9500円
入会特典最大45,000ポイント
還元率1.25%
家族カード1枚まで無料
カードの素材プラスチック
空港ラウンジ国内
28空港
(カード会員のみ)
国内28空港
(カード会員 +同伴者1名
海外ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港ラウンジのみ
旅行保険最高5000万円
(利用付帯)
最高5000万円
(利用付帯、家族特約なし)
海外最高1億円(利用付帯、家族特約つき
ショッピング保険年間最高500万円(90日以間)
ホテル特典「一泊無料宿泊特典」
(年間150万円(税込)以上を利用してカードを継続保有すると、50,000ポイントまで利用し対象ホテルに1泊無料で宿泊可能)
400万円決済でプラチナエリートにランクアップ
レストラン特典なし
ショッピング特典・ショッピング保険 最高500万円
・キャンセルプロテクション
・スマートフォン・プロテクション
・ショッピング・プロテクション
・リターン・プロテクション
・オンラインプロテクション
空港手荷物
無料宅配サービス
あり
(帰国時1個無料)
航空便遅延費用補償あり
デメリット・年会費がゴールドカードの中でもっとも高額
トナ

150万円の利用で無料宿泊1泊分は嬉しいメリットですね

マリオットボンヴォイ・プレミアムカードを持つとどうなる?

マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムの継続利用で無料宿泊特典

  • 年間150万円以上のカード利用で毎年の継続時に特典として無料宿泊特典が付与

手持ちのポイントを最大1万5000ポイントまで加えることができ、最高6万5000ポイントで宿泊できるホテルまで利用することができます

5万ポイントで宿泊できる国内ホテル一例

  • リッツカールトン
  • ホテルウェスティンホテル東京
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • ルネッサンスリゾートオキナワ
  • シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
  • ホテル東京マリオットホテル
  • 東京ステーションホテル、
  • 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ など

ワイキキで利用可能なホテルの一例

  • リッツカールトン
  • シェラトンワイキキ
  • ロイヤルハワイアン
  • ラグジュアリーコレクションリゾートワイキキ
  • モアナ・サーフライダーなど
トナ

ハワイのホテルでもマリオットボンヴォイ特典が使えるのは魅力ですね

「マリオットボンヴォイ・ゴールドエリート」が自動付与

  • 客室を無料でアップグレード
  • 14時までのレイトチェックアウトが可能
  • ウェルカムギフトで250ポイント、または500ポイント受け取れる
  • 対象となる利用金額全額に対して、25%の追加ポイントを獲得
会員ランク達成条件
会員年間0〜9泊
シルバーエリート年間10泊
ゴールドエリート(自動付帯)年間25泊
プラチナエリート(400万円決済)年間50泊
チタンエリート年間75泊
アンバサダーエリート年間100泊+対象となる利用金額年間2万ドル

空いていれば高層階や角部屋、眺望の良い客室へのアップグレードができる「客室無料アップグレード」が自動付与されます。

ゴールドエリートとプラチナエリートの比較

ステータスゴールドエリートの特典プラチナエリートの特典
ボーナスポイント+25%+50%
レイトチェックアウト14時まで。16時まで。
ウェルカムギフト250pt or 500ptポイント(250ptor500pt)
or飲食アメニティ
朝食有料無料
客室アップグレードあり(スイート除く)あり(スイート含む
レストラン割引15%OFF20%OFF
キッズ特典朝食50%OFF(12歳以下) 朝食無料(6歳以下は無料)
トナ

プラチナエリートなら翌日16時までゆっくりできるし、朝食は大人も子供も無料!!

高還元のポイントレートでANAやJALなど39社のマイルへ交換可能

  • 日常のお買い物100円=3ポイント付与
  • マリオットボンヴォイ参加ホテルでの利用100円=6ポイント付与

交換レート:航空会社が「3ポイント=1マイル」(一部航空会社を除く)。1日の交換上限は24万ポイントまでで、交換手数料は無料。

さらに嬉しいのは、

6万ポイントをマイルに交換するごとに1万5000ポイント(5000マイル)のボーナスがもらえこと。

マリオットボンヴォイのポイントで交換が可能なマイル
エーゲ航空
Aer Lingus AerClub
エアロメヒコ クラブプレミエ
エア・カナダ アエロプラン
エールフランス/KLM フライング・ブルー
ニュージーランド航空Airpoints
アラスカ航空 Mileage Plan
アメリカン航空 AAdvantage
ANAマイレージクラブ
アシアナ航空アシアナクラブ
アビアンカ航空 LifeMiles
ブリティッシュ・エアウェイズExecutive Club
キャセイパシフィック航空アジア・マイル
コパ航空 ConnectMiles
デルタスカイマイル
エミレーツ・スカイワーズ
エティハド ゲスト
FRONTIER Miles
海南航空 Fortune Wings Club
ハワイアン航空 HawaiianMiles
Iberia Plus
InterMiles
日本航空 JALマイレージバンク
大韓航空スカイパス
LATAM航空 LATAMPASS
Multiplus Fidelidade LATAM Pass
カンタス・フリークエントフライヤー
カタール航空プリビレッジクラブ
サウディア Alfursan
シンガポール航空クリスフライヤー
サウスウエスト航空 Rapid Rewards
TAPポルトガル航空 Miles&Go
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス
ターキッシュエアラインズ Miles&Smiles
ユナイテッド航空マイレージプラス
ヴァージンアトランティック航空Flying Club
ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer
Vueling Club

6万ポイントを交換した場合の一例↓

マリオットポイントANA・JALマイル
6万ポイント →2万マイル
ボーナスポイント+1万5000ポイント →+5000マイル
合計7万5000ポイント →=2万5000マイル

計算すると、マイル還元率は1.25%になります。

実は「ユナイテッド航空のマイル移行」に限り、さらに交換レートがアップします!

マリオットポイントユナイテッド航空マイル
6万ポイント →2万マイル
ユナイテッド航空限定 ボーナス+10,000マイル
合計6万ポイント →=30,000マイル

合計3万マイルで、マイル還元率は1.5%に!

トナ

マイル交換先を選べばお得に利用できますね!

「マリオットボンヴォイ・プレミアムアード」をおすすめできる人・できない人

おすすめできる人

  • 年間400万円決済が可能な人

マリオットボンヴォイ・プレミアムカードにはゴールドエリートが自動付帯されますが、400万円決済で継続利用すると貯食は無料&スイートルームも対象の客室アップグレードが付いた「プラチナエリート」が付与されます。

  • ハワイを含む海外旅行が好きな人

マリオットボンヴォイ・プレミアムカードはユナイテッド航空利用で1.5%の還元率でマイルを利用することができます。また同時にマリオットポイント利用でハワイのリッツカールトンへの宿泊も可能。貯めたポイントだけでこれらの優待を受けられるのは大きなメリットと言えるでしょう

おすすめできない人

  • 年400万円の利用が難しい方

150万円利用で宿泊特典が付くものの、現時点でマリオットプレミアムカードを発行されるなら、プラチナエリートが付帯される400万円決済をクリアできる方でないとウマみはないでしょう。

  • 高級ホテル・旅行特典に興味がない・使わない方

年会費は49,500円と高額ですが、その元を取るには旅行や高級ホテル宿泊などの特典利用が前提です

アメックスマリオットボンヴォイ・プレミアムカードの入会キャンペーン

マリオットボンヴォイ・プレミアムカード最強キャンペーン/

  • アメックス紹介入会キャンペーン(最大45,000ポイント)

入会方法によってポイント数が変わり、もっとも多く獲得できるのは、紹介プログラムの専用リンク経由での発行です。

発行方法ごとの入会ポイントの違い

  • 紹介プログラム経由:45,000ポイント
  • 公式サイト経由:39,000ポイント
トナ

公式サイト経由だと最大6,000ポイントも損してしまいます。

期間限定で獲得ポイントアップ中/

>>アメックスお申し込みフォームはこちら

お問い合わせ後は分以内にお申し込みメールをお送りさせていただきます。

※不具合で届かない場合は遠慮なくこちらにお問い合わせくださいませ。

アメックスゴールド・プリファードカードとマリオットボンヴォイプレミアムカードを比較。結局どっちがいいの?

年会費・家族カードを比較

優れている箇所に黄色のラインをひいています。

券面
マリオットボンヴォイプレミアム

アメックスゴールド・プリファード
年会費4万9500円3万9600円
家族カード年会費家族カード1枚目無料
2枚目以降2万4750円
家族カード2枚無料
3枚目以降1万9800円
家族カード特典・旅行傷害保険利用付帯/航空便遅延費用補償
・トラベルサービス(手荷物無料宅配1回/空港ラウンジ利用)
・ショッピングサービス
(リターン/キャンセル/オンライン使用/スマートフォン)
・オーバーシーズ・アシスト
プライオリティ・パス 2回無料
(3枚で計6回分)

・旅行傷害保険利用付帯/航空便遅延費用補償
・トラベルサービス(手荷物無料宅配2回/空港ラウンジ利用)
・ショッピングサービス
(リターン/キャンセル/オンライン使用/スマートフォン)
・オーバーシーズ・アシスト
トナ

年会費、家族カード無料枚数ともにアメックスプリファードが優勢ですね

ポイント・マイル還元率を比較

優れている箇所に黄色のラインをひいています。

券面
マリオットボンヴォイプレミアム

アメックスゴールド・プリファード
通常還元率1%1%
対象店舗
最大還元率
18.5%3%

Marriott Bonvoy系列ホテル宿泊でのポイント還元率

Marriott Bonvoy会員特典1ドルにつき10%還元
Marriott Bonvoyゴールドエリート会員特典獲得ポイントの25%追加ボーナスポイント還元=+2.5%還元
系列ホテル利用のポイント利用額100円につき6ポイント=+6%還元
全てを足すと18.5%還元

マイルのポイント還元率

券面
マリオットボンヴォイプレミアム

アメックスゴールド・プリファード
ANAマイルへ移行する場合1.25%1%
JALマイルへ移行する場合1.25%0.4%
その他の提携航空パートナーの数39社15社
ユナイテッド航空のマイルへ移行する場合1.5%0.8%

※1 「メンバーシップ・リワード」登録済み。
※2 ANAマイルへ移行する場合は、別途「メンバーシップ・リワード ANAコース(年会費5500円)」への登録が必要。1年で交換できるのは4万マイル分まで)。

トナ

ポイント還元率はマリオットボンヴォイ・プレミアムが圧倒的に優勢です!

国内・海外旅行傷害保険を比較

国内・海外旅行傷害保険は「アメックスゴールド・プリファード」「マリオット・ボンヴォイプレミアム」ともに同条件です

基本カード会員家族会員
国内旅行傷害死亡・後遺障害保険金最高5000万円最高1000万円
海外旅行傷害死亡・後遺障害保険金最高1億円最高1000万円
傷害治療費用保険金最高300万円最高200万円
疾病治療費用保険金最高300万円最高200万円
賠償責任保険金最高4000万円
携行品損害保険金1旅行中最高50万円
救援者費用最高400万円最高300万円
航空便遅延費用等最高2〜4万円
トナ

保険関連は国内で最高5000万、海外では最高1億円ともしもの時は安心です

カード付帯の特典を比較

券面
マリオットボンヴォイプレミアム

アメックスゴールド・プリファード
ホテル特典「一泊無料宿泊特典」
(年間150万円(税込)以上を利用してカードを継続保有すると、50,000ポイントまで利用し対象ホテルに1泊無料で宿泊可能)
・年間400万円決済でプラチナエリートにランクアップ
「フリー・ステイ・ギフト」
(年間200万円(税込)以上を利用してカードを継続保有すると、マリオットやハイアットなどの国内40カ所以上の対象ホテルに1泊2名まで無料で宿泊可能)
「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン トラベルクレジット」
(カードを継続保有すると「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」の国内対象ホテルで1回2万円以上の宿泊予約時に使える1万円分のクーポンがもらえる)
レストラン特典なし「ゴールド・ダイニング by 招待日和」
(国内外にある約250店のレストランを2名以上で予約して、指定のコース料理を食べると、1名分のコース料理が無料に。通常年会費3万3000円(税込))
ショッピング特典・キャンセルプロテクション
・スマートフォン・プロテクション
・ショッピング・プロテクション
・リターン・プロテクション
・オンラインプロテクション
・対象のホテルダイニング 20%オフ
・スターバックスオンライン入金 20%オフ

・キャンセルプロテクション
・スマートフォン・プロテクション
・ショッピング・プロテクション
・リターン・プロテクション
・オンラインプロテクション
トラベル特典・空港手荷物 無料宅配サービス(帰国時片道のみ利用)
航空便 遅延費用補償あり
・空港手荷物 無料宅配サービス(往復利用)
航空便 遅延費用補償あり
トナ

マリオットプレミアムでは「プラチナエリート」を獲得できる方以外はアメックスゴールド・プリファードに軍配が上がりそうです

入会キャンペーン特典を比較

券面
マリオットボンヴォイプレミアム

アメックスゴールド・プリファード
年会費4万9500円3万9600円
家族カード
年会費
家族カード1枚目無料
2枚目以降2万4750円
家族カード2枚無料
3枚目以降1万9800円
入会特典
(公式サイト経由)
入会後3ヶ月以内の150万円以上の利用で合計3万9000ポイント獲得可能入会後6ヶ月以内に合計100万円以上のカード利用で合計12万ポイント獲得可能
入会特典
(紹介プログラム)
入会後3ヶ月以内の150万円以上の利用で合計4万5000ポイント獲得可能入会後6ヶ月以内に合計100万円以上のカード利用で合計13万ポイント獲得可能

\アメックス紹介プログラムキャンペーン/

  • アメックスゴールド・プリファードプログラム(公式より+10,000P
  • マリオットボンヴォイ・プレミアムプログラム(公式より+6,000P)
トナ

当サイト限定で入会ポイントUP! 今なら最大130,000Pは獲得できます!

期間限定で獲得ポイントアップ中/

>>アメックスお申し込みフォームはこちら

お問い合わせ後は分以内にお申し込みメールをお送りさせていただきます。

※不具合で届かない場合は遠慮なくこちらにお問い合わせくださいませ。

アメックスゴールド・プリファードとマリオットボンヴォイプレミアムに関するよくある質問

ANAマイルを貯めやすいカードはどちらですか?

アメックスゴールド・プリファード、マリオットボンヴォイ・プレミアムどちらも1%以上の還元率をほこるカードですが、マイルに視点を合わせると年会費の高さがネックに。ANAマイルを貯めるなら、ANAマイルに特化したANAアメックスゴールドカードが最強です

アメックスゴールド・プリファードとマリオットボンヴォイプレミアムの年会費はどのくらいですか?

アメックスゴールド・プリファードは年会費が3万9600円、マリオットボンヴォイ・プレミアムは4万9500円です。

どちらのカードも家族カードは発行できますか?発行費用は?

アメックスゴールド・プリファードでは家族カード2枚無料、マリオットボンヴォイ・プレミアムは家族カード1枚無料で発行できます。

プライオリティパスはアメックスゴールド・プリファード、マリオットボンヴォイ・プレミアムどちらのカードも付帯されますか?

アメックスゴールド・プリファードのみプライオリティパスが付帯されます

既存のアメックスゴールドを持ち続けて、アメックスゴールドプリファードカードは申し込める?

両方のカードを持つことはできません。持ち続けるか、切り替えるかの選択になります。

アメックスゴールドプリファードカードは、メタル製カードではなく、プラスチック製カードを選べる?

アメックスゴールド・プリファードカードはメタル製のカードのみです。

プライオリティパスはアメックスゴールド・プリファード、マリオットボンヴォイ・プレミアムどっちがいいの?

ここは個人的な見解になりますが、特典と年会費が優れている「アメックスゴールド・プリファード」に一票。ただ海外旅行やハワイが大好きかつ、年間400万円決済が可能な方はプラチナエリートの付帯がある「マリオットボンヴォイプレミアム」を検討してみるのもよいでしょう。

アメックスゴールド・プリファードをおすすめできない人は?

年間200万円以上の利用が難しい人は別のカードを検討しましょう。年会費が1万円台でもお得にマイルが貯まるカードもたくさんあるので、おすすめカード7選まとめをチェックしてみてください

まとめ

アメックスゴールド・プリファードとマリオットボンヴォイ・プレミアムカード、どちらもステータスの高いカードですが、目的や利用金額によって使い分けが必要になります

アメックスゴールド・プリファード vs マリオットボンヴォイ・プレミアムカードのおさらい
  • おすすめポイント
  • マリオットボンヴォイ・アメックスプレミアムは年間150万円以上のカード利用で継続利用でMarriott Bonvoy系列ホテルの無料宿泊券が手に入る
  • 入会するだけでMarriott Bonvoyゴールドエリート会員資格を得られるので旅好きにおすすめ
  • アメックスゴールド・プリファード年会費の4倍以上の特典が受けられる
  • アメックスゴールド・プリファード利用実績でアメックスプラチナの招待を目指せる
  • 旅行好きでANAマイルを貯めたいなら、ANAアメックスゴールドカードがおすすめ

アメックスゴールド・プリファード vs マリオットボンヴォイ・プレミアムカードの違いは?ポイント別の比較まとめをもう一度見る

ANAアメックスカードのわかりやすい解説はこちら

ただいま開催中の入会キャンペーンを見逃すな!

アメックス・ゴールド・プリファードの発行を考えているなら、今がチャンスです。

入会キャンペーン実施中

  • 入会後3カ月以内の特典:
    • 合計利用額50万円達成で2万ポイント
  • 入会後6カ月以内の特典:
    • 合計利用額100万円達成で9万ポイント
    • 「アメックス・トラベル オンライン」で合計5万円以上利用で1万ポイント
    • 通常獲得ポイント(100万円利用時)で1万ポイント
  • キャンペーン合計:13万ポイントが獲得可能

\紹介プログラムキャンペーン開催中/

  • アメックスゴールド・プリファードプログラム(公式より+10,000P
  • マリオットボンヴォイ・プレミアムプログラム(公式より+6,000P)
トナ

当サイト限定で入会ポイントUP! 今なら最大130,000Pは獲得できます!

1万ptの大損を回避するには「紹介経由」がイチバン!/

※個人情報はお互い漏れませんのでご安心ください

>>アメックスお申し込みフォームはこちら

お問い合わせ後は分以内にお申し込みメールをお送りさせていただきます。

※不具合で届かない場合は遠慮なくこちらにお問い合わせくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次