子育てママの暮らしにほんの少し「役立ち情報」をプラス♪

【EDISON mama】カミカミBabyバナナは危険なの?

子育てのこと
カミカミBabyバナナ


こんにちは。トナリのパパです。

歯固めのBabyバナナって危ないって聞いたけどほんとなの?

こんな疑問にお答えします。

今回解説する「カミカミBabyバナナ」はこちら

歯固めのカミカミBabyバナナは本当に危険?

現在3ヶ月になる息子が指をしゃぶしゃぶカミカミ・・

見てる分にはかわいくていやされますが・・・度がすぎると少し心配になりますよね。
そんな時、インスタで目にとまったのがこのカミカミBabyバナナでした。


忖度なしに感じたことは。

  • 危険」とまでは言えないが、見ていないと心配になる


それではくわしくみていきましょう。

歯固めのカミカミBabyバナナの商品詳細

材質熱可塑性エラストマー(TPR樹脂)
耐熱温度130℃
消毒方法〇電子レンジ
×食器洗浄機・乾燥機
〇煮沸消毒
〇薬液消毒

歯固めのカミカミBabyバナナは何歳から使えるもの?

メーカーの対象年齢
  • 3ヶ月頃から

あくまでも目安になりますが、赤ちゃんの様子やお口の中を見てあげたりしながら、ためしに使わせてみるご家庭が多いようです。

歯固めのカミカミBabyバナナを購入した理由

困っていたこと

  • カミカミ・しゃぶしゃぶが活発になってきた
  • 夜のぐずりも増えた

そこで、こんなことを思い購入してみました。

  • 夜のぐずりも減らしてほしい
  • どうせなら食べ物をカム練習をさせたい
  • 電子レンジなどで簡単に消毒できるもの
  • 興味がわくかわいいデザインがいい
  • にぎる練習になるものがいい

当初「にぎる練習になるもの」とも考えていましたが、にぎったり、掴んだりする練習なら、はじめから「知育玩具」を選ぶべきだったと反省しています。

(参考:▶︎知育玩具を赤ちゃんから始めるべき理由とは?

歯固めのカミカミBabyバナナの特徴は?

ポイント① やわらか素材・いろんな噛み心地

軽くてやわらかいラバー素材。ブラシが凹凸形状になっていて、歯ぐきをマッサージ。むずがゆさも解消。

ポイント② 持ちやすい形状

やわらかくて滑りにくく、お子様の小さな手にもフィット。

ポイント③ のど突き防止のバナナの皮

バナナの皮が口の奥深くに入ることを防いでくれます。

実際に使ってみた様子

息子が「カミカミBabyバナナ」をカミカミ中
握っている様子です

すぐに吐き出しちゃうこともないし、じょうずにカミカミしてくれました。泣いている時にも持たせてあげるとすぐご機嫌に🎵

「危険」とまでは言えないが、見ていないと心配になる理由

そう感じた理由は素材・形状にありました。

「カミカミBabyバナナ 全体写真」

不安になった点は2つ

  • 素材のかたさ
  • バナナの皮の形状

素材のかたさ

思った以上に素材がかたいので、バナナの先端で目に刺さらないか心配になりました。

実際に目にささるようなことはありませんでしたが、ちょっと不安。

バナナの皮の形状

喉つき防止のバナナの皮。喉つきを防いでくれるのはうれしいことですが、これがバナナの先端よりもとがっていて・・・

素材がやわらかいものであれば心配にならないのですが、上記のとおり少しかたいのでやっぱり心配になりました。

寝ころんで使うことが多いからこそ

他の記事にも、「寝ころんで使う場合は手を滑らせて目に刺さる危険がある」と書かれています。

赤ちゃんですからね。大半は寝ころんで使います。まずは安全第一で選んであげたいものですね。

(参考:▶︎寝ころんでも安全に使えるおすすめの歯固めはこちら

まとめ

  • 危険」とまでは言えないが、見ていないと心配になる

ケガもなく安全につかってくれるならとても機能性の高い商品です。ただ赤ちゃんから目を離せなくなるというのは我が家でつかうのはむずかしいかなと。

そんなこともあり、安心できる「歯固め」を色々と検証することになりました。

>これなら安心!赤ちゃんにおすすめ歯固め5選

コメント