ポイ活なんてもうやめた!損する前に読んでみて!

【マイル】ハワイ4往復分を1年でゲットする方法とは?必要なものはたったの2つ。

こんにちは。トナパパです。

たったの1年で家族でハワイに行けるほどのマイルがたまるってほんとなの?



こんな疑問にお答えします。



まずは結論。

  • 本当にたまります。

必要なことはたったの1つ

  • マイルが貯まるクレカに支出を統一すること。

これだけです。



信頼性のために、現在の僕のマイルはこんな感じ。

現在のマイル数

  • 234,638マイル

ちなみに先日にマイルを使って北海道(家族旅行)に行ってきたばかり。実際には25万超えていました。

実際に25万マイルたまると、どんな旅行ができるの?

トナパパ

参考までに東京発の往復便でみてみよう!

  • 沖縄
  • グアム
  • ハワイ
  • ロサンゼルス
  • イタリア
トナパパ

仮にハイシーズンに交換しても、これらの往復チケット全て獲得しても25万マイルでもお釣りがくる。

へ〜すごい!例えば・・上の5箇所の往復チケットを全部現金払いにするといくらなの?

東京発の往復便相場

  • 沖縄 4万円
  • グアム 7万円
  • ハワイ 10万円
  • ロサンゼルス 16万円
  • イタリア 13万円
トナパパ

この5箇所の往復チケットを現金で買うと約50万円は超えてくる。

トナママ

25万マイルで50万円以上!!それだけでも倍の価値があるんだね!

トナパパ

その通り!「貯めたポイントは現金ではなくマイルにした方がお得」って言われる理由はそこあるんだね

目次

ハワイ4往復分を1年で獲得する方法とは?

念のため先にお伝えしておくと。

  • 飛行機に乗って1年で20万のマイルを貯めるのは現実的には難しい



飛行機に乗って貯めようとすると、東京ハワイ間を104回往復。

それはあきらかに無理でしょ。

トナパパ

1年で104往復って、3日に1回飛行機に乗ってることになる。ちょっとありえないよね。じゃ、実際どうのように貯めたのか、説明していくね。




具体的な方法は2つ

  • ポイントサイトの活用
  • マイルが効率よく貯まるクレカを活用

1、ポイントサイトの活用

いわゆるポイ活です。
貯めたポイントは現金化ではなく、全てマイルに交換します。

>ポイ活を始める前に知っておくべきこと

  • マイルがたまるポイントサイトを選ぶことが必須条件

なんとなく選んだポイントサイトはマイルには向いていないかも。ぼくの経験上、この2つのポイントサイトが最強です。

ポイントサイトを使うときのデメリットも理解しておきましょう。

>ポイントサイトに潜む落とし穴とは

2、マイルの貯まるクレジットカード

マイルを貯める場合、クレジットカード選びも重要です。ANAカードの中には1.35%の還元率カードも存在します。

1.35%還元カードを利用した場合のシミュレーション

  • ひと月の生活費。28万と仮定
  • 1年で336万の出費
  • 1.35%還元で45,360マイル

上記のゴールドカードに変えるだけで、1年後には45,360マイル以上が自動でたまる。

これやっていない人は結構いますよ。

ANAゴールドカードなら

ANAマイルについてゼロから学びたい

まとめ

筆者がこれだけマイルを貯められたのは、特別に時間を使ったわけでも、支出を増やすわけでもなく、マイルが貯まるカードに支出を集約しただけです。

残念な話になりますが、99%の人はここまで読んでもページを閉じて「後でやってみようかな」で終わってしまいます。

1%に入れるなら必ず結果につながります。




ダメならやめればいいだけですからね。

未来を変えたいなら行動あるのみ!僕はあなたを応援します!

ANAマイルについてゼロから学ぶ





この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次