「ANAマイルの価値」について徹底解説!【初心者向け】

マイルってそもそもどいうもの?ポイントを現金に変えるより価値があるってほんとなの?

こういった疑問を解決していきます。

友人からの言葉

マイルを貯めてるんだ」「マイルは貯めたほうがいいよ

トナパパ

こんな話を聞いたことはありませんか?

もう10年前ですが、私は初めてこういった話を聞いた時、その価値を知らずにただただ「そうなんだ〜」と流してしまいました。

もしその時、「マイルの価値」をきちんと調べ、理解し、貯めるしくみを作っていたら・・・きっと何百万というマイルが貯まっていたことでしょう。


私がそう思う理由の1つに、マイルの価値を学び、貯めるしくみを作ってから、たったの1年余りで25万マイルを獲得できたからです。

現在のマイル残高

先日家族と北海道旅行へマイルを使って行ってきたばかり。なんと1マイルが13円に!詳しくは次の記事で。

この記事を読まれているあなたは、マイルの価値を学ぼうとしていますね。その時点で当時の僕の何百倍も優秀です!

トナパパ

僕と同じ思いをしないよう、学んだことをしっかりと理解し、行動に移しましょう。

本記事の要点をまとめます

  • マイルの価値は変動する
  • 1マイルは円にすると何倍にもなる
  • 混みあう繁忙期ほど価値が高まる

ちなみに1マイルを1円としてつかう場合は「楽天ポイント」などに交換することで、いつでも利用することができます。

ただ、マイルは航空券引き換えとして利用するからこそ、その価値を発揮してくれるものです。

この記事で本質をしっかりと理解していきましょう。

それではさっそく行ってみましょう!

目次

マイルの価値はどれくらい変動する?

今回は「家族で年越しハワイ」を事例としてみてみましょう。

東京↔︎ハワイ(ホノルル)エコノミー
12月31日〜1月3日 【家族構成】大人2人/子供1人(12歳以下)

お金で航空券を購入した場合

  • 690,810円

マイルで航空券と引き換えをした場合

  • 129,000マイル
トナパパ

お金で買うと690,810円。マイル引き換えにすると129,000マイル。では1マイルはいくらになると思いますか?

年末年始は繁忙期にあたり、マイルを使う場合は「ハイシーズン」が適用となります。

参考:ANA公式サイト(https://www.ana.co.jp)

上記ハワイ旅行の場合、1マイルが5.35円の価値になります。

(計算は690,810円÷129,000マイル=5.35)

トナパパ

マイルは航空券と引き換えをすることで、1マイル=1円の価値が何倍にもなります。ここがマイルの最大の魅力。

>我が家が1年でハワイ4往復分のマイルをためた方法


マイル交換先の注意点

実際にマイルをためはじめてから公式サイトをのぞいてみると、楽天やTポイント、ナナコポイントなどマイルをポイントに交換できるルートが用意されています。




下の画像はANAマイル公式サイトでのポイント交換提携先の一例。

参考:ANA公式サイト(https://www.ana.co.jp)

こちら、日常よく目にしているポイントですよね。
10,000マイル → 10,000ポイントに交換可能となっています。

便利だからといってこれらにポイント交換をしてしまうと、せっかく貯めたマイルは1マイル1円の価値に。

トナパパ

マイルを貯める以上、1マイル1円で使ってしまうのは本当に勿体ないので、注意しましょうね!

まとめ

マイルの価値を理解することで、同時にその魅力も伝わったのではないでしょうか。

改めて要点をまとめると以下の通りです。

  • マイルの価値は変動する
  • 混みあう繁忙期ほど価値が高まる
  • 交換先には注意が必要

大切な人との楽しい旅行ライフが実現することを応援しています。マイルの価値がわかったら、次は「ANAマイルを確実に獲得する方法」について学びましょう。

>ANAマイルを確実に獲得する方法を解説

マイルについてゼロから学びたい人はこちら



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると泣いて喜びます
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる